Koba’s Library 別館 

アクセスカウンタ

zoom RSS リンダ リンダ リンダ

<<   作成日時 : 2006/02/27 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ブルーハーツの名曲「リンダ リンダ リンダ」が題名となっている映画がDVD化されたので、さっそくレンタルしてきました。

 晴れ舞台の学園祭を前にしてメンバーが2人脱退してしまった女子高校生バンドが、新たに韓国人留学生をボーカルに迎えて、ステージに立つまでの姿を描く青春映画です。

 「スイングガールズ」と同じく音楽を題材に高校生たちの姿を描いた作品ですが、どうしても「スイング・ガールズ」の二番煎じという印象はぬぐい去ることはできません。だいたいブルーハーツである必然性はなにも感じられませんしね。

 「スイング・ガールズ」では登場人物たちが実際に演奏しているそうですが、この作品ではどうなんでしょう。 実際にバンド“Base Ball Bear”でベースを担当しているという関根史織はともかく、前田亜希ちゃんはドラムきちんと叩いていましたか?
 なんてあまりいろいろ考えずに高校時代を思い出しながら楽しく観ましょう。

 メンバーの中心となる恵を演じる香椎由宇は顔の印象が強すぎです。高校生には見えないですねえ。 逆に韓国からの留学生役を演じたペ・ドゥナは、見事に実年齢より下の高校生役を演じきっています。演じた俳優の名前を見るまでは、とても「復讐者に憐れみを」で大胆なベッドシーンを演じた女優さんが演じていたとは思いませんでした。どう見ても幼い純な女子高校生に見えましたからねえ。顔立ちももっと丸々していたようなイメージがあったのですが。ブルーハーツの歌は難しいのですが、よくあそこまで歌えるほど頑張りましたね。

 別に大きな事件もなく、最後はお決まりの演奏会に間に合うかどうかというドタバタもあっておしまいという定番の映画です。ああやって何かにすべてを忘れて打ち込める時期っていいですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンダ リンダ リンダ Koba’s Library 別館 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる